文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語 > 中国語11
日本大学ロゴ

中国語11

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 中国語11
平成27年度以前入学者 中国語11
教員名 王 京蒂
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 外国語科目
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 中国語の基礎を固める。
授業のねらい・到達目標 複文、副詞の使用によって、簡単な日常会話から、より意思表現ができるようにする。
授業の方法 聞き、読み、書くことを中心に授業を進めたい。新しい内容は必ず声に出して発音を確認する。「造句(文を作る)」を通じて、文法ポイントを理解し、覚え、活用できるようにマスターする。本文の内容によって、中国の文化と現代中国の事情を話し、中国語はこのように言うだけではなく、なぜこのよう言うのかも紹介する。興味のある内容について、その感想を中国語で発表する。
履修条件 中国語1~8のうち、6単位以上を修得していること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 中日・日中辞書は必須とする。
授業計画
1授業の概要説明。
2第1課 打车(「都」と「也」の使い方)
3練習と発表
4第2課 上网(四組の副詞)
5練習と発表
6第3課 做客(兼語文)
7練習と発表
8第4課 在办公室(反語の表現)
9練習と発表
10第5課 球迷(存現文)
11練習と発表
12第6課 结婚(結婚)
13練習と発表
14復習
15テスト
その他
教科書 上野恵司監修、李錚強著 『総合中級中国語教程 改訂版』 白帝社  2016年
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 月曜日3限、4限、5限
備考 実際の進行状況はシラバスの記載と違いがある。

このページのトップ