文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 超伝導科学特論
日本大学ロゴ

超伝導科学特論

このページを印刷する

科目名 超伝導科学特論
科目名 超伝導科学特論
教員名 高橋 博樹・上床 美也
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 磁性と超伝導
授業のねらい・到達目標 物質は極低温下において我々の常識を越えた性質を示す。超伝導現象がその一つの例であり、電気抵抗がゼロになるという劇的な性質を持っている。この現象を理解するために基礎的なことがらから現象全般についてまでを理解できるように、丁寧に解説する。また、研究の最前線がわかるように、最新の高温超伝導、重い電子系物質、有機伝導体などの超伝導などについて紹介する。
授業の方法 講義形式で授業を進める。上床、高橋の2名の教員が担当する
履修条件 特になし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業の最後に次回授業範囲を説明するので、適当な参考書を見つけて事前に予習すること。
授業終了時に課題を出すことがあるので、レポートを作成すること。
授業計画
1ガイダンス 超伝導研究の最先端(高橋担当)
2超伝導の基礎 ゼロ抵抗(高橋担当)
3超伝導の基礎 完全反磁性(高橋担当)
4超伝導の基礎 ロンドン理論(高橋担当)
5超伝導の基礎 臨界磁場(高橋担当)
6超伝導の基礎 熱力学的性質(高橋担当)
7超伝導の基礎 理論的記述(高橋担当)
8銅酸化物超伝導と鉄系超伝導の研究紹介(高橋担当)
9重い電子系物質とは(上床担当)
10重い電子系の超伝導 希土類合金・化合物(上床担当)
11重い電子系の超伝導 最新の研究(上床担当)
12有機伝導体について 物質の分類(上床担当)
13有機伝導体について 物理的性質(上床担当)
14有機超伝導と圧力効果1 メカニズム(上床担当)
15有機超伝導と圧力効果2 最新の研究(上床担当)
その他
教科書 なし
参考書 授業中に指示する
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(60%)、授業参画度(20%)
オフィスアワー 授業終了後1時間、研究室(8号館B-115室)にて

このページのトップ