文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 電子化学特論
日本大学ロゴ

電子化学特論

このページを印刷する

科目名 電子化学特論
教員名 坂口 喜生
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 化学物性・反応と軌道の関係を理解する
授業のねらい・到達目標 原子軌道、分子軌道、スピン状態、など分子軌道法の概念を理解する。それを基礎として、軌道の絵だけで、詳細な数値によらずにその物性や反応性が見て取れることを理解する。
授業の方法 授業は板書、その他の資料によって説明する。毎回、出席チェック代わりの極小テストを行う予定である。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 物理化学の基礎である、元素、原子軌道、化学結合、金属、磁性体、などの概念をざっと理解していると理解が容易になると思います。
授業計画
1量子力学の基本概念と原子の軌道
2共有結合とスピン状態
3軌道間相互作用と分子軌道
4イオン結合と共有結合(軌道のエネルギー、摂動法)
5分子の形と光吸収スペクトル
6対称性入門1
7対称性入門2
8光吸収の選択律とスペクトル
9光化学反応と復習
10電気伝導 (tight binding approximation)
11電気伝導2 (free electron gas approximation)
12マクロに見た電気伝導及び磁性
13磁性:多数スピン
14磁性:強磁性相互作用
15まとめ・スピン化学(または進度調整)
その他
教科書 授業毎のレジュメを配布します
参考書 坂口喜生 『スピン化学 (化学サポートシリーズ)』 裳華房 2005年 第1版
必須ではありません。随時、授業中に推薦します
成績評価の方法及び基準 試験(60%)、授業内テスト(40%)
学会・課外授業等での欠席をレポート等で補っていただく場合もあります。
オフィスアワー 講義終了後の教室にてお願いします。

このページのトップ