文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 年金数理実務論
日本大学ロゴ

年金数理実務論

このページを印刷する

科目名 年金数理実務論
科目名 年金数理実務論
教員名 田中 周二
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 地球情報数理科学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 公的年金の財政検証で利用されるマクロ経済理論、金融経済学、投資理論、人口学、統計学、アクチュアリー学などについて学ぶ。
授業のねらい・到達目標 主に博士前期課程の論文テーマに即した内容とし、論文の作成を到達目標とする。その他のアクチュアリー志望の学生については公的年金の数理の概要を学ぶ機会とする。
授業の方法 講義形式とする。適宜、課題を課し発表の機会を設ける。
履修条件 アクチュアリーコースないし博士前期課程の田中ゼミに所属する学生
事前学修・事後学修,授業計画コメント 論文作成の進度に合わせて適宜内容を変更する
事前学修:講義の祭に必要なプリント、ネット資料などを読むように指示するので予習する
事後学修:レポートを数回提出するように指示するのでそれをやること
授業計画:講義が中心だが、文献の調査やそのレポートを求める
授業計画
1社会保障改革と年金制度
2財政検証の仕組み
準備:前回の講義の復習
3財政検証シナリオの分析
準備:前回の講義の復習
4公的年金のリスク管理
準備:前回の講義の復習
5人口前提; 出生率と死亡率
準備:前回の講義の復習
6死亡率と出生率の予測モデル
準備:前回の講義の復習
7経済前提とマクロ経済学; 経済成長と賃金と物価
準備:前回の講義の復習
8経済前提とマクロ経済学; 労働市場
]準備:前回の講義の復習
9GPIFの仕組み
準備:前回の講義の復習
10最適化
準備:前回の講義の復習
11資産配分理論(1)
準備:前回の講義の復習
12資産配分理論(2)
準備:前回の講義の復習
13経済前提変数間のVARを用いたシミュレーション
準備:前回の講義の復習
14DCC-GARCHなどによるシミュレーション
準備:前回の講義の復習
15まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(30%)、授業参画度(30%)
論文またはレポートの目標到達度合いを重視する
オフィスアワー 通常は月曜日の第2限より夕方まで研究室で面会可能

このページのトップ