文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 発達心理学特論
日本大学ロゴ

発達心理学特論

このページを印刷する

科目名 発達心理学特論
科目名 発達心理学特論
教員名 田中 みどり
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 心理学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ ことばとコミュニケーションの発達
授業のねらい・到達目標 乳幼児期を中心とした言語発達の様々な側面について講述することを通して、人間の心が生後早期から社会性を備え、生得的基盤によりながらも社会的情報に基づき認知機能を発達させ、言語知識を構成していく様相を明らかにし、人間の心の生物学的-社会/文化的性質を発達的に理解する。
授業の方法 講義を基本とする。受講生の希望に応じて適宜演習形式等も取り入れる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 平素から子どもの言葉に関心を持ち、乳幼児や発達障がいのある小学生等の言葉に触れる機会を増やす。言語学の入門書や子どもの言語発達の本等を読む。
授業計画
1動物の「ことば」・人間のことば
[準備]動物行動学で明らかにされた動物のコミュニケーション行動について復習しておくこと。
2乳児期の前言語コミュニケーション
[準備]発達心理学の教科書等で乳児のコミュニケーション行動と認知発達を復習しておくこと。
3言語音知覚の発達
[準備]英語と日本語の音韻について確認しておくこと
4言語音産出の機制と調音機能の発達
[準備]前回のプリントやノート等を整理して復習しておくこと
5認知発達と語彙の獲得
[準備]概念発達の過程について認知心理学等の教科書に目を通しておくこと。
6作動記憶と文構造の発達
[準備]認知心理学の教科書等で記憶の二重貯蔵説について復習しておくこと。
7身振りと言語コミュニケーションの発達
[準備}様々な年齢の子どもの会話をなるべく多く観察してみるようにすること。
8物語の理解と推論の機能
[準備]「子どもとファンタジー」(守屋慶子著)などを読んでみること。
9文字獲得の諸相
[準備」世界で用いられている多様な文字について調べてみること。
10言語発達のアセスメントとコミュニケーション障害への支援
[準備]既存の言語発達テストとその利用法について調べてみること。
11読み書き障害の諸要因と学習支援
[準備]学習障がい児の発達支援の機会を作るように努力して実態をよく観察すること。
12言語と文化
[準備]日本語の特徴について、語彙、文法等にわたって英語などの外国語と比較し、特徴について考えてみること。
13コミュニケーションと心の進化
[準備]鳥類や哺乳類のコミュニケーション行動について調べてみること。
14言語と心の進化
[準備]霊長類の言語学習行動について予習しておくこと
15総括
その他
教科書 適宜プリントを配布する。
参考書 吉田章宏・田中みどり 『コミュニケーションの心理学』 川島書店 2005年
授業中に指示する。
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(60%)、授業参画度(20%)
オフィスアワー 講師室、授業終了後20分間。メール等でアポイントメントをとることが望ましい。

このページのトップ