文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 保健医療サービス論
日本大学ロゴ

保健医療サービス論

このページを印刷する

科目名
平成28年度以前入学者
保健医療サービス論
教員名 上之園 佳子
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 保健医療福祉の制度とサービスを理解し、保健医療福祉の連携・協働によるチームケアについて学ぶ
授業のねらい・到達目標 この授業では、保健医療に関する制度やサービス体系を理解し、保健医療と福祉の包括的支援のために必要な連携・協働についての知識を習得することを目的にしている。
1)医療保険制度について習得する
2)保健医療サービスを理解する
3)保健医療に関わる専門職の役割とチームケアについて理解する。
4)地域包括ケアシステムを理解する
5)医療機関での医療ソーシャルワーカーの役割を理解する
授業の方法 講義形式での保健医療サービスの知識の習得だけでなく、具体的な多職種との連携・協働(チームケア)を必要とする事例を議論することで学習を深める。また、医療機関の医療ソーシャルワーカーによる講義も予定している。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業で次回テーマについて事前学習としての課題を提示する。社会福祉士国家試験科目でもあるため積極的に関連科目(医学知識、社会保障論など)の復習をすること。
授業計画
1ガイダンス:保健医療サービス論をなぜ学ぶのか
2保健医療福祉のめざすこと:健康と生活の質QOL ヘルスプロモーション
3日本の医療制度の特色と海外の医療制度
4日本の保健と医療の仕組みと歴史
5医療制度の概要
6診療報酬制度の概要
7保健医療制度と法令
8保健医療に関連する専門職種
9地域包括ケアシステムでの保健医療福祉の統合
10患者の権利とインフォームドコンセント
11医療ソーシャルワーカーの役割と課題
12保健医療サービスとの協働 事例1 退院支援
13保健医療サービスとの協働 事例2 緩和ケア
14保健医療サービスとの協働 事例3 地域包括ケア
15保健医療サービスのまとめ
その他
参考書 太田貞司『地域ケアシステム』有斐閣2003年
その他、授業で参考図書について紹介をする
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(50%)、授業参画度(20%)、授業内小テスト(30%)
授業参画度、授業内小テスト、学期末の授業内テストを総合的に評価する。
オフィスアワー 授業後の時間及び初回授業時に提示する。

このページのトップ