文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 養護原理1
日本大学ロゴ

養護原理1

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 養護原理1
教員名 高橋 幸成
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 社会的養護の理解と支援のあり方について学ぶ。
授業のねらい・到達目標 社会的養護の意義・歴史、権利擁護、制度・体系、自立支援等について理解する。
授業の方法 ・講義を中心とし、社会的養護の実情について理解を深める。
・教材として適宜DVD等を使用する。
履修条件 社会的養護問題に関心のある者。
児童養護施設等、児童福祉施設ソーシャルワーク実習を目指す者。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 社会的養護及び児童福祉論等の事前学習が必要。
授業計画
1社会的養護の理念と概念
2社会的養護の歴史的変遷
3社会的養護の制度と実施体系
4児童相談所の役割と社会的養護
5児童の権利擁護
6福祉サービス利用児童の苦情解決体制
7要保護児童の理解・施設養護の基本原理
8施設養護における専門的なかかわり
9社会的養護の領域 家庭養護
10社会的養護の領域 施設養護
11施設養護の実践
12支援の専門性と職員倫理
13社会的養護の現状と課題
14レポート
15まとめ
その他
教科書 (編著)小野澤昇/田中利則/大塚良一 『社会的養護』 ミネルヴァ書房 2013年 第初版
成績評価の方法及び基準 レポート(70%)、授業参画度(30%)
・基本的な知識や課題意識に関するレポートを基本とする。
・所定の出席回数を満たさない場合、提出すべきレポートの提出がない場合は、成績評価の対象としない。詳細については授業で説明する。
・受講者はテキストを必ず購入のこと。
オフィスアワー 講義の中で掲示する。

このページのトップ