文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 臨床心理学特論1
日本大学ロゴ

臨床心理学特論1

このページを印刷する

科目名 臨床心理学特論1
科目名 臨床心理学特論1
教員名 津川 律子
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 心理学専攻
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 臨床心理学とは何か
授業のねらい・到達目標 修士1年入学時は、臨床心理学(clinical psychology)とは何か、心理療法(psychotherapy)とは何か、といった重要な事柄に関して、まだ具体的なイメージを形作れていない。臨床心理学は、人の適応調整およびパーソナリティの発達促進に加えて、不適応・障害・苦悩の成因を臨床心理学の視点から探求し、かつそれらを軽減・解消するための臨床実践を行う、理論と実践が統合した学問である。この定義から具体的な活動がイメージできるよう近づくことを目的とする。
授業の方法 受講者一人ひとりによる発表を基本とする。初回に詳細を伝える。また、事例論文を読んで、その感想を提出するという課題もある。
履修条件 臨床心理学コースの大学院生に限る。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 『心理臨床学研究』に掲載されている事例研究に関して、2週間に1本のレポートを提出すること。授業計画は、受講者の習得度に応じて、毎回変化する。
その他
教科書 なし
参考書 津川律子・橘玲子 『臨床心理士をめざす大学院生のための精神科実習ガイド』 誠信書房 2009年
津川律子・篠竹利和 『シナリオで学ぶ医療現場の臨床心理検査』 誠信書房 2010年
津川律子・安齊順子 『インタビュー臨床心理士1、2』 誠信書房 2007年
津川律子 『精神科臨床における心理アセスメント入門』 金剛出版 2009年
津川律子・元永拓郎 『心の専門家が出会う法律[新版]』 誠信書房 2016年
津川律子・遠藤裕乃 『臨床心理学研究実践マニュアル(第2版)』 金剛出版 2011年 第2版
津川律子 『投映法研究の基礎講座』 遠見書房 2012年
髙橋依子・津川律子 『臨床心理検査バッテリーの実際』 遠見書房 2015年
津川律子・元永拓郎 『心理臨床における法と倫理』 放送大学教育振興会 2017年
 
成績評価の方法及び基準 平常点を含めて総合的に判断する。(100%)
欠席や遅刻等の平常点に加えて、授業態度(とくに積極的に討論に参加したかどうか)が成績に影響する。
オフィスアワー 対応場所(津川研究室)。随時可能。但し、事前に予約を取ること(いつでも声をかけてください)。

このページのトップ