文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 臨床心理査定演習1
日本大学ロゴ

臨床心理査定演習1

このページを印刷する

科目名 臨床心理査定演習1
科目名 臨床心理査定演習1
教員名 横田 正夫
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 心理学専攻
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ ロールシャッハテストとその他のテストを組み合わせて実施したデータを持ち寄って、解釈をおこなう。
授業のねらい・到達目標 心理テストバッテリーの考え方の基本を学び、同時にロールシャッハテストのスコアリングの実際をおこなう。
授業の方法 学生が事前に心理テストを実施したものを用意し、授業の当日、それを発表する。他の学生はその心理テストデータを検討し、コメントを加える。
履修条件 心理臨床コースの科目なので、コースの学生のみ受講できる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント ロールシャッハテスト等、自身の使用するテストに関しては事前によく調べて発表すること。スコアリング等は事前に検討しておき、授業終了後には再検討し、解釈に関してもまとめなおすこと。演習形式の授業なので、同様の授業計画を下記には記しているが、内容的には、毎回異なるものとなる。各自が用意するロールシャッタデータは事前の読み込みが必要になります。十分に時間をかけて検討すること。発表者ばかりでなく、参加者も同様に、前もって読み込みをしていないと、十分な学習にならないので注意すること。
授業計画
1イントロダクション。事業のやり方についての説明。
2提示されたデータのスコアリングの検討:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
3第2回で検討したデータの総合的考察:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
4新たに提示されたデータのスコアリングの検討:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
5第4回で検討したデータの総合的考察:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
6新たに提示されたデータのスコアリングの検討:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
7第6回で検討したデータの総合的考察:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
8新たに提示されたデータのスコアリングの検討:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
9第8回で検討したデータの総合的考察:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
10新たに提示されたデータのスコアリングの検討:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
11第10回で提示されたデータの総合的考察:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
12新たに提示されたデータのスコアリングの検討:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
13第12回で提示されたデータの総合的考察:受講者は前もってデータを検討し授業に備え、復習をおこなうこと。
14心理テストの課題学習
15全体のまとめ
その他
教科書 なし
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、授業参画度(30%)、心理検査の提示とその紹介についての評価(40%)
自身の発表ばかりではなく他者の発表に対しても積極的に参加し、自身の疑問点を明らかにしようとする態度を評価する。
オフィスアワー 事業終了後
備考 出席を重視する

このページのトップ