文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 臨床心理面接特論2
日本大学ロゴ

臨床心理面接特論2

このページを印刷する

科目名 臨床心理面接特論2
科目名 臨床心理面接特論2
教員名 山口 義枝
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 心理学専攻
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 臨床心理面接の基本を身につける
授業のねらい・到達目標 臨床心理面接は、臨床心理学的援助をおこなう際の基本的な関わりである。前期に引き続き、臨床心理面接の基本を体験的に学び、面接者としての関わりを具体的に想起できるようになることを目的とする。
授業の方法 講義と実技訓練および討論をおこなう。受講者が目指す臨床領域が異なるため、受講者の関心の高い臨床領域でのロールプレイを行っていく。そのため、基本的な心理面接への理解は反復して学習するが、状況に応じて重点を置く領域や対象は変化する。
履修条件 臨床心理学コースの大学院生
事前学修・事後学修,授業計画コメント 臨床心理面接に必要な基本概念の受講者による発表、実技訓練、討論をおこなう。受講者それぞれに、臨床心理面接をおこなう際の自身の課題を自覚し、能動的に授業に関与することが必要である。
授業計画
1講義・実技訓練および討論を行っていく
その他
教科書 なし
参考書 授業中に指示する
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(10%)、授業参画度(60%)
オフィスアワー 随時可能。ただし事前に予約を取ること。

このページのトップ