文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 機器分析化学特論II
日本大学ロゴ

機器分析化学特論II

このページを印刷する

科目名 機器分析化学特論II
科目名 機器分析化学特論Ⅱ
教員名 菅原 正雄
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 機器を用いる先端的分析法の原理、その応用に関する基本知識を習得して、自らの研究に生かすことを目指す。
授業のねらい・到達目標 バイオ分析を中心とする分析法の基本的な考え方を学ぶ
授業の方法 講義形式
事前学修・事後学修,授業計画コメント 講義の内容を深めるために関連論文を読む
授業計画
1初めに
2電気化学分析法の基礎(1)
3電気化学分析法の基礎(2)
4化学センサと物理センサ
5化学修飾電極(1) 高分子膜と電極
6化学修飾電極(2) 自己集合単分子膜と電極
7バイオセンサ(1) 様々な酵素センサー
8バイオセンサ(2)In vivo voltammetry
9蛍光分析 蛍光分析の基礎
10バイオイメージング(1) 顕微鏡
11バイオイメージング(2) 蛍光顕微鏡、蛍光プローブ
12分子膜とバイオセンシング(2)AFM及びSTM
13最近のバイオ分析法の進歩(1)LB膜
14最近のバイオ分析法の進歩(2)脂質二分子膜
15まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(80%)、授業参画度(20%)
オフィスアワー 適宜対応

このページのトップ