文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 確率統計特論II
日本大学ロゴ

確率統計特論II

このページを印刷する

科目名 確率統計特論II
科目名 確率統計特論II
教員名 藤田 岳彦
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 経済学部校舎
科目群 地球情報数理科学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ アクチュアリー試験を視野に入れた確率統計モデリングに関する基本的な知識、計算方法を知る。
授業のねらい・到達目標 アクチュアリー1次試験の数学の範囲である確率、統計、モデリングの範囲の数学について基本的な問題から応用的な問題を解けるようになる。
アクチュアリー試験から離れても確率・統計・モデリングは、現代社会における数学の応用として重要である。
授業の方法 教科書に基づいて講義をし、随時、演習をとりいれる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 教科書をよく予習すること
授業計画
1推定1(統計量、区間推定)
2推定2( 母平均、母分散、比率)
3検定1(母平均、母分散)
4検定2 第1種の誤り、第2種の誤り)
5数理統計としての回帰分析
6順序統計量1(基礎)
7順序統計量2(応用)
8シミュレーション
9危険率、死力
10統計における精密法
11いろいろな演習Ⅰ(推定)
12いろいろな演習Ⅱ(検定)
13まとめの演習Ⅰ( 順序統計量)
14まとめの演習Ⅱ(危険率、死力)
15まとめの演習Ⅲ (精密法)
その他
教科書 藤田岳彦 『弱点克服 大学生の確率統計』 東京図書 2010年 第1版
藤田岳彦 『確率・統計・モデリング問題集』 日本アクチュアリー解 2007年 第1版
参考書 森真、藤田岳彦 『確率統計入門 数理ファイナンスへの適用』 講談社 2008年 第2版
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業内テスト(50%)
随時 演習テストを行う。
オフィスアワー 授業後、もしくは メール
rankstatistics@gmail.com
まで連絡のこと

このページのトップ