文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 哲学専攻 > 哲学演習6
日本大学ロゴ

哲学演習6

このページを印刷する

科目名 哲学演習6
教員名 古田 智久
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 哲学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ クワインの哲学
授業のねらい・到達目標 クワインの著作を読みながら、クワインの哲学について理解を深めることを目標とする。
授業の方法 前期に引き続いて、Quine, W. V. O., From Stimulus to Science, Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press, 1995 の第8章 Things of the Mind の途中から読み進める。続いて、Quine, W. V. O., The Roots of Reference, La Salle, Illinois: Open Court, 1974 を読む。
読み進める過程で必要があれば、関連する事柄について解説し、場合によってはディスカッションを行う。
希望があれば、受講者が執筆中の論文の検討を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業では前回読んだ部分の復習はしないので、授業に臨むに際しては、前回までの内容の完璧な理解と、次回の授業で読む部分の予習が求められる。
本授業履修に際しては、クワインの以下の著作を読んでおくことが望ましい。
1. Quine, W. V. O., Pursuit of Truth, Revised Edition, Cambridge, Massachusetts: Harvard University Press, 1992. <邦訳>伊藤春樹・清塚邦彦(訳)『真理を追って』産業図書、1999年.
2. Quine, W. V. O., Word and Object, Cambridge, Massachusetts: MIT Press, 1960, Chap. Ⅰ〜Ⅲ. <邦訳>大出晁・宮舘恵訳『ことばと対象』勁草書房、1984.
授業計画
1ガイダンス
クワインの哲学の解説
2ガイダンス:テキスト第Ⅰ章から第Ⅷ章の解説
[準備]テキスト第Ⅰ章から第Ⅷ章を復習してくること。
3Chap. Ⅷ Things of the Mind, pp. 92-93 講読
[準備]テキスト92頁から93頁を読んでくること。
4Chap. Ⅷ Things of the Mind, pp. 93-94 講読
[準備]テキスト93頁から94頁を読んでくること。
5Chap. Ⅷ Things of the Mind, pp. 94-95 講読
[準備]テキスト94頁から95頁を読んでくること。
6Chap. Ⅷ Things of the Mind, pp. 95-96 講読
[準備]テキスト95頁から96頁を読んでくること。
7Chap. Ⅷ Things of the Mind, pp. 96-97 講読
[準備]テキスト96頁から97頁を読んでくること。
8Chap. Ⅷ Things of the Mind, pp. 97-98 講読
[準備]テキスト97頁から98頁を読んでくること。
9Chap. Ⅷ Things of the Mind, pp. 98-99 講読
[準備]テキスト98頁から99頁を読んでくること。
10クワイン『ことばと対象』第1章〜第3章の解説
11Quine, W. V. O., The Roots of Reference, Chap. Ⅰ Perceiving and Learning, pp. 1-3 講読
[準備]テキスト1頁から3頁を読んでくること。
12Chap. Ⅰ Perceiving and Learning, pp. 3-4 講読
[準備]テキスト3頁から4頁を読んでくること。
13Chap. Ⅰ Perceiving and Learning, pp. 4-6講読
[準備]テキスト4頁から6頁を読んでくること。
14文献調査の実践
[準備]授業で取り扱ったクワインの哲学に関わる二次的文献を、図書館・インターネットで探すこと。
15Chap. Ⅰ Perceiving and Learning, pp. 6-8講読
[準備]テキスト6頁から8頁を読んでくること。
その他
教科書 授業中に指示する。
参考書 授業中に適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 水曜日5時限目終了後 2号館11階古田研究室

このページのトップ