文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 東洋史演習1
日本大学ロゴ

東洋史演習1

このページを印刷する

科目名 東洋史演習1
教員名 中見 立夫
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 東洋史演習
授業のねらい・到達目標 歴史学で修士論文を書くものを対象とし、よりよき論文を書くための指導をおこなう。東洋史専攻以外の院生でも参加可。とくに近代日本の外交やヨーロッパ国際政治史に関心のある方は歓迎。
授業の方法 参加者の発表と担当教員の講義、文献購読をまじえておこなう。参加者の研究題目をよび希望にあわせ、適宜、カリキュラムをきめる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業の前後、とくに参加者自身の発表の場合にはよく準備をすること。講義およびディスカッションにも積極的な発言を期待したい。
授業計画
1参加者数により異なるが、おおむね第1~第5回までは、参加者の研究テーマ、とくに卒論を中心とした発表をおこなう。
2同上
3日本における史学史・アジア研究史に関する講義(2回程度)
4同上
5日中関係史の諸課題(2回程度)
6同上
7近代ヨーロッパ国際関係史の諸課題(2回程度)
8参加者に研究関心と密接に関連する文献のレヴュー(おおむね5回程度)
9同上
10同上
11同上
12同上
13歴史学修士論文の書き方(おおむね2~3回)
14同上
15同上
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
オフィスアワー 授業終了後、受講生の希望により時間をとる

このページのトップ