文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 東洋史演習2
日本大学ロゴ

東洋史演習2

このページを印刷する

科目名 東洋史演習2
教員名 中見 立夫
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 東洋史演習
授業のねらい・到達目標 歴史学で修士論文を書くものを対象とし、よりよき論文を書くための指導をおこなう。東洋史専攻以外の院生でも参加可。とくに日本史、ヨーロッパ史専攻の方でもアジアの歴史、国際関係に関心のある方は歓迎
授業の方法 参加者の発表と担当教員の講義、文献購読をまじえておこなう。参加者の研究題目をよび希望にあわせ、適宜、カリキュラムをきめる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 受講者は事前に準備を十分におこない、また研究発表および講義においても、積極的に発言することを期待する。
授業計画
1国際関係史、地域史研究における問題と課題(講義5回程度を予定)
2同上
3同上
4同上
5同上
6受講生の予定する修士論文題目と密接に関連する関係する文献と史料とくに文書史料のレヴュー(おおむね5回を予定)
7同上
8同上
9同上
10同上
11修士論文に関する構想発表(おおむね5回を予定)
12同上
13同上
14同上
15同上
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
オフィスアワー 授業終了後、受講生の希望があれば、時間を設ける

このページのトップ