文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 日本史演習5
日本大学ロゴ

日本史演習5

このページを印刷する

科目名 日本史演習5
教員名 関 幸彦
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 前年度に引き続き『保暦間記』を輪読し、内乱期の政治的諸相について議論する。
授業のねらい・到達目標 中世の史論書の叙述の仕方を学び、当時の人々の歴史認識のあり方を考える。
授業の方法 個別発表形式を採用し各自がリポートを用意する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業前に配布される『保暦間記』を熟読しておくこと。
授業計画
1源平の争乱と『保暦間記』(1)
2源平の争乱と『保暦間記』(2)
3源平の争乱と『保暦間記』(3)
4源平の争乱と『保暦間記』(4)
5源平の争乱と『保暦間記』(5)
6北条執権体制と『保暦間記』(1)
7北条執権体制と『保暦間記』(2)
8北条執権体制と『保暦間記』(3)
9北条執権体制と『保暦間記』(4)
10北条執権体制と『保暦間記』(5)
11武家史観の源流を考える(1)
12武家史観の源流を考える(2)
13武家史観の源流を考える(3)
14武家史観の源流を考える(4)
15武家史観の源流を考える(5)
その他
成績評価の方法及び基準 レポート(40%)、授業参画度(60%)
オフィスアワー 毎週火曜日12~14時、毎週水曜日12~14時、毎週木曜日13~14時30分

このページのトップ