文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 考古学演習4
日本大学ロゴ

考古学演習4

このページを印刷する

科目名 考古学演習4
教員名 山本 孝文
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 論文作成の技術と方法
外国語文献の講読
授業のねらい・到達目標 修士論文作成のため、テーマ設定の適正さを検討して先行研究の収集・整理法を学び、対象資料の収集や分析・結論導出の方法を模索する。
学術論文とは何かを理解し、論文執筆のテクニックを習得する。
外国語文献の読み方をマスターする。
授業の方法 論文作成法に関する書籍を購読し、内容を理解する。
各自の修士論文のテーマをモデルに、その概要や先行研究、集成資料、分析方法と展望などをまとめて発表し、質疑応答および討論を行う。
外国語の文献を選定し、翻訳・講読する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 各自の修士論文テーマを熟考し、論文作成を始めておくこと。
英語はじめ外国語の文献を読む練習をしておくこと。
授業計画
1修士論文の分析方法検討 その1 縄文時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
2修士論文の分析方法検討 その2 弥生時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
3修士論文の分析方法検討 その3 古墳時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
4修士論文の分析方法検討 その4 歴史時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
5修士論文の分析方法検討 その5 外国考古
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
6修士論文の分析方法検討 その6 個別のテーマ
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
7アウトラインの作成 その1 先史時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
8アウトラインの作成 その2 古墳時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
9アウトラインの作成 その3 歴史時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
10修士論文の考察・結論展望 その1 先史時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
11修士論文の考察・結論展望 その2 古墳時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
12修士論文の考察・結論展望 その3 歴史時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
13成果と反省1 先史時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
14成果と反省2 歴史時代
[準備]各自の発表のレジュメを作成しておく、割り当てられた外国語文献を翻訳しておく
15まとめ
その他
教科書 なし
参考書 戸山田和久 『新版論文の教室』 NHK出版 2012年
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、授業参画度(30%)、発表(50%)
オフィスアワー 時間を設定して研究室にて随時対応

このページのトップ