文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 考古学演習6
日本大学ロゴ

考古学演習6

このページを印刷する

科目名 考古学演習6
教員名 堀内 秀樹
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 日本中・近世考古学研究
授業のねらい・到達目標 中・近世考古学の調査、研究、周知化への方法などをこれまでの研究成果と問題点を呈示しつつ、歴史考古学の視点や今後の可能性を共に考える。
 授業では、中・近世考古学の研究視点、研究成果、周知化についての研究法、成果、問題点を講義や院生の発表などによって提示した後、取り上げたテーマについて学生と議論を行う。
 中世考古学、近世考古学の研究法、成果とその発信方法、可能性などについて議論を深め、学ぶことにより、新しい考古学分野を理解することを目的とする。
授業の方法 講義+学生参加によるフリーディスカッションの形式。講義部分では、いくつかのテーマについて学生が発表を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 発表内容はあらかじめ申告をする。
次のテーマについて知見を深めておくことが望ましい。
授業計画
1遺物研究法1-方法論、陶磁器研究の視点-
2遺物研究法2-三上次男『陶磁の道』概要-
3遺物研究法3-三上次男『陶磁の道』解題-
4遺物研究法4-分布論・組成論-
5遺物研究法5-型式・アセンブリッジ-
6遺物研究法6-生産・流通・消費-
7遺物研究1-生産地1:-研究概要と現状-:肥前
8遺物研究2-生産地2:-研究概要と現状-:瀬戸・美濃
9遺物研究3-生産地3:-研究概要と現状-:京都
10遺物研究4-消費地1:-威信財-
11遺物研究5-消費地2:編年研究
12遺物研究6-消費地3:陶磁器と社会(儀礼)-
13遺物研究7-遺物の観察-
14観察表提出と観察の視点
15総括
その他
参考書 『陶磁の道 (三上次男)』 岩波新書あるいは中央公論美術出版 1969年
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、授業参画度(20%)、研究発表(60%)
オフィスアワー 講義後あるいはE-mailで行う。

このページのトップ