文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 考古学特殊講義7
日本大学ロゴ

考古学特殊講義7

このページを印刷する

科目名 考古学特殊講義7
教員名 大塚 英明
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ モノ=文化財が語るもの
歴史学研究における歴史資料の見方、調べ方
授業のねらい・到達目標 各自の研究成果を学術発表、学術雑誌の掲載に向けて支援する
授業の方法 受講生の専門課題に従い、その調査・研究成果を報告する
事前学修・事後学修,授業計画コメント 受講生が決まり次第、各自に課題を与え、報告の準備を行う
授業計画
1文化財学とは何かー歴史資料との関連ー
2文化財調査法の現状と課題
3文化財が発信する視点を学ぶ
4受講者の報告、質疑応答
5同上
6同上
7同上
8同上
9同上
10同上
11同上
12文化財保護の歴史的変遷
13文化財のほぞんと活用
14世界遺産の現状と課題
15文化財行政の現状と課題
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、授業参画度(20%)、課題報告(60%)
オフィスアワー 金曜日3限、学芸員課程研究室

このページのトップ