文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 西洋史演習2
日本大学ロゴ

西洋史演習2

このページを印刷する

科目名 西洋史演習2
教員名 土屋 好古
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ ロシア・東欧を中心とした西洋近現代史
授業のねらい・到達目標 歴史を学ぶ大学院生としての基本的な研究方法などを学びながら、自立的な研究が展開できる力を養う。
授業の方法 演習形式で授業を行う。原書講読と研究発表を中心とするので、参加者の主体的取組みが不可欠である。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 研究発表にせよ、原書講読にせよ、演習形式で参加者が発表するスタイルの授業になるので、事前に周到な準備が必要である。大学院生の自覚をもって、しっかりと準備を整えて授業に参加してもらいたい。
授業計画
1原書講読
2原書講読
3原書講読
4原書講読
5受講者による研究発表
6原書講読
7原書講読
8原書講読
9原書講読
10受講者による研究発表
11原書講読
12原書講読
13原書講読
14原書講読
15受講者による研究発表
その他
教科書 教科書は用いない。必要に応じてテキスト用のプリントを配布する。
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
オフィスアワー 授業終了後

このページのトップ