文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 日本史特殊講義3
日本大学ロゴ

日本史特殊講義3

このページを印刷する

科目名 日本史特殊講義3
教員名 中村 順昭
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 平安貴族の日記を読み解く
授業のねらい・到達目標 平安時代の基礎資料の一つである記録(日記)を読み解く力を養うとともに、貴族社会の具体的な様相を理解することをめざす。
授業の方法 平安時代の代表的な日記である藤原実資の『小右記』を輪読する。受講生が分担して、担当部分を読んで、現代語訳するとともに、関連史料を探して、史料に対する理解を深めていく。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 史料の講読が中心であるので、受講生はあらかじめ、その回の部分の読み方を予習しておくこと。
授業計画
1ガイダンス
2摂関時代史の史料について(講義)
3摂関時代史の諸問題(講義)
4長和2年4月1日条。賀茂祭雑事
5太政官と公卿
6年中行事と音楽
7灌仏会
8比叡山と貴族
9右大臣藤原顕光
10貴族家の雑色
11皇后と中宮
12賀茂斎院
13賀茂祭
14検非違使
15まとめと補足
その他
教科書 東京大学史料編纂所 『小右記 三 (大日本古記録)』 岩波書店
テキストはコピーを配布する。
参考書 東京大学史料編纂所 『大日本史料』 東京大学出版会
インターネットの東京大学史料編纂所のHPからも閲覧できる。
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
オフィスアワー 月曜5限に研究室(2号館9階2901)

このページのトップ