文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 日本史演習4
日本大学ロゴ

日本史演習4

このページを印刷する

科目名 日本史演習4
教員名 中村 順昭
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 日本古代史の研究
授業のねらい・到達目標 日本古代史の諸問題について、史料に基づいて考察する力を養う。古代史の史料の読解力を高め、さまざまな視点から研究する方法を習得することをめざす。
授業の方法 漢文史料を読みながら、受講生による研究報告とそれに対する討議を中心に進める。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 扱う史料は『日本書紀』の天智紀を予定している。7世紀後半の律令制成立期を対象に、『日本書紀』の史料批判の方法を学び、中央政界の動向、冠位、官司、地方行政、対外関係などの諸問題について、考古学の発掘成果なども踏まえて、さまざまな角度から考察する。受講生が、それぞれの関心に応じた研究報告を行い、それに対する討議によって進めていく。
授業計画
1中大兄皇子の称制
2百済出兵
3白村江の戦い
4冠位の改定
5氏上と民部・家部
6唐の使者
7大宰府と水城
8百済からの渡来人
9近江遷都
10天智の后妃と子女
11藤原鎌足
12法隆寺の火災
13庚午年籍
14近江令の存否
15大友皇子と大海人皇子
その他
教科書 『日本書紀(5) (岩波文庫)』 岩波書店 1995年
岩波文庫以外でも、日本書紀の天智天皇の部分であればかまわない。
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、レポート(50%)
オフィスアワー 水曜4限に研究室(2号館9階2901)

このページのトップ