文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 史学専攻 > 東洋史特殊研究2
日本大学ロゴ

東洋史特殊研究2

このページを印刷する

科目名 東洋史特殊研究2
教員名 粕谷 元
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 戦前・戦中期の日本とイスラーム
授業のねらい・到達目標 戦前・戦中期の日本とイスラームに関する史料・研究文献を講読し、日本とイスラームの歴史的関係をめぐる諸問題について考察する。また、参加者が自らの研究テーマについて報告し、それについて全員で討論して、報告者および参加者の研究の深化をはかる。
授業の方法 演習方式
事前学修・事後学修,授業計画コメント 演習方式のため、事前学習が必要である。
授業計画
1戦前・戦中期日本の回教(イスラーム)政策
2蒙疆における回民工作
3イブラヒムの再招聘(1933年)
4東京回教礼拝堂(代々木モスク)の開堂
5大日本回教協会の設立
6回教(イスラーム)研究の組織化
7回教圈研究所
8戦前・戦中期日本の回教(イスラーム)研究の評価をめぐる問題
9敗戦による「世界戦略」としての回教政策の放棄
10戦前の日本とイスラーム世界との関わりの歴史から学ぶべきこと
11受講者による研究発表
12受講者による研究発表
13受講者による研究発表
14受講者による研究発表
15補足と総括
その他
教科書 使用しない。
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
オフィスアワー 初回授業時にメールアドレスを伝え、個別に対応する。

このページのトップ