文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 国文学専攻 > 日本語学特殊研究4
日本大学ロゴ

日本語学特殊研究4

このページを印刷する

科目名 日本語学特殊研究4
教員名 田中 ゆかり
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 国文学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 「方言」からみた日本語社会
授業のねらい・到達目標 「方言」という視点から近代以降の日本語社会をとらえる方法の獲得を目指す。「方言」という視点から日本語社会の変遷をたどり、文化やメディアとのかかわりについて考察していく。同時に、日本語社会における「方言」と「共通語」についての意識調査に基づく方言ステレオタイプの抽出や、地域や話者のタイプ分類などの試みなども話題として取り上げる予定。
授業の方法 トピックに従い講義を行う。受講者にはトピックごとに小課題を課す。小課題に基づく発表と討議によってトピックごとの理解を深める。講義で扱ったトピックのうち、受講者自身がもっとも関心をもったものを、最終課題としてのレポート課題とする。最終課題の詳細については、講義の中で説明する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント (1) Blackboardを活用するため、毎回Sアカウントが必要。個人用のPC用電子メイルを取得の上、参加のこと。
(2) 授業内にPCを用いたweb検索や課題作成などを行う。
(3) 授業トピックに基づく毎回の小課題を自分の問題として考えるようにしていると、最終課題の作成にスムースに移行するでしょう。
授業計画
1ガイダンス(本講義の目的・概要・構成)
2方言とは何か?
3日本語社会における方言の位置づけ1
4日本語社会における方言の位置づけ2
5言語意識からみた地域類型1
6言語意識からみた地域類型2
7方言ステレオタイプ
8リアル方言とヴァーチャル方言
9「方言コスプレ」とは何か
10「打ちことば」に現れるヴァーチャル方言
11ドラマとヴァーチャル方言1
12ドラマとヴァーチャル方言2
13最終課題作成解説
14最終課題作成
15最終課題提出
その他
教科書 教科書は指定しない。適宜印刷教材を配布する。
参考書 田中ゆかり 『方言萌え!? ヴァーチャル方言を読み解く』 岩波誌ジュニア新書 2016年
田中ゆかり 『「方言コスプレ」の時代 ニセ関西弁から龍馬語まで』 岩波書店 2011年
木部暢子他 『方言学入門』 三省堂 2013年
主要な参考図書は初回ガイダンス時に、各回に関連したものについてはその回で紹介する。
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、レポート(50%)
平常点には出席状況、討議等への参加状況、小課題への取り組みやその内容を含む。
オフィスアワー 授業中に知らせる。
備考 (1) Blackboardを活用するため、毎回Sアカウントが必要。個人用のPC用電子メイルを取得の上、参加のこと。
(2) 授業内にPCを用いたweb検索や課題作成などを行う。
(3) 授業トピックに基づく毎回の小課題を自分の問題として考えるようにしていると、最終課題の作成にスムースに移行するでしょう。

このページのトップ