文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 国文学専攻 > 中古文学特殊研究4
日本大学ロゴ

中古文学特殊研究4

このページを印刷する

科目名 中古文学特殊研究4
教員名 阿部 好臣
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 国文学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 『源氏物語』夢浮橋巻を考える
授業のねらい・到達目標 物語の最後の巻をしっかり読み解くことにより、〈物語とは何か〉という命題に迫りたい。成立以降の偽作世界などをも射程に入れてその命題を考える。新たな論点を見出し、論文の作成までが目標となる。
授業の方法 巻の精読、先行論文の検討。「雲隠六帖」や「山路の露」の世界なども読んで考える。報告と講義(講読)からなる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 課題文献の検討など、事前の作業が多くなる。
授業計画
1『源氏物語』の世界(講義)
2『源氏物語』宇治十帖の世界(講義)
3浮舟を巡っての物語から考える(講義)
4浮舟出家と宇治世界の仏教(講義)
5「夢浮橋」精読1 横川の僧都
6「夢浮橋」精読2 浮舟と初瀬
7「夢浮橋」精読3 薫と浮舟
8先行論文の読解1 浮舟の和歌関連
9「夢浮橋」精読4 還俗を巡って
10「夢浮橋」精読5 物語のとじ目
11先行論文の読解2 仏教関連論文
12先行論文の読解3 主人公像を巡って
13「雲隠六帖」の読解1 雲隠 巣守 櫻人
14「雲隠六帖」の読解2 法の師 雲雀子
15まとめ
その他
教科書 テキストは多岐に渡るので、授業時に提示する他、適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(50%)、授業参画度(30%)
報告の出来ないし、取り組みの濃度を勘案する。
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ