文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 国文学専攻 > 古典文学基礎研究4
日本大学ロゴ

古典文学基礎研究4

このページを印刷する

科目名 古典文学基礎研究4
教員名 阿部 好臣
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 国文学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 平安朝物語の世界―教壇で生かせる読み
授業のねらい・到達目標 平安時代の前期(『源氏物語』以前)の作品を概観し、その魅力を探り、教壇でそれを伝えられる力を養成する。しっかり理解し、伝えられるようになる。また、独自の伝達方法も考えられるようになる。
授業の方法 作品の具体的な読解から、その要点を、歴史的に文学的に、人の生き様にポイントを置いて味読し、その深さを知る。講義と調査報告を絡めた形になる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 提示された課題に、適宜答えていく作業・調査などが必要となる。
授業計画
1平安時代の物語と歴史(講義)
2平安前期物語とその世界(講義)
3『竹取物語』とその世界(講義)
4『竹取物語』読解1 難題求婚譚の位相
5『竹取物語』読解2 物語としての『竹取物語』
6『伊勢物語』とその世界(講義)
7『伊勢物語』読解1 二条后物語
8『伊勢物語』読解2 東下りの物語
9『伊勢物語』読解3 斎宮関連章段を読む
10『大和物語』とその世界(講義)
11『大和物語』読解1 亭子院の物語
12『大和物語』読解2 鳥飼の院を巡って
13『大和物語』読解3 ならの帝の物語
14『大和物語』読解4 女を盗む物語
15まとめ
その他
教科書 多岐にわたるので、授業時に適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(50%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 授業修了時

このページのトップ