文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 国文学専攻 > 古典文学基礎研究1
日本大学ロゴ

古典文学基礎研究1

このページを印刷する

科目名 古典文学基礎研究1
教員名 梶川 信行
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 国文学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 高等学校の国語教科書の中の『万葉集』
授業のねらい・到達目標 自分が教壇に立った時のことを想定し、高等学校「国語総合」及び「古典A」「古典B」の教科書に収録された『万葉集』に関する自分用の指導書を作成する。
既存の指導書は、『古今和歌集』以後の和歌史の中で生まれた〈秀歌〉観を前提とした歌々を、四期区分説を前提として選び、それを文学史的に説明し、品詞分解と口語訳をすることが中心である。しかし、この授業では、なぜその歌が教材として選ばれたのか、その点を考えてみることを求める。そうした確認なくして、その歌を学ぶ意義は明確にならないからである。同時に、教材研究のためには、どのような文献を使ってどう調べて行けばいいのか、その具体的な方法を身につけられるようにしたいと思う。
授業の方法 基本的に1時間講義を聞き、次の時間に、それに基づいて受講生が報告する。その繰り返しを通して、教材に対する理解を深めて行く。
受講生の人数に応じて、運営方法や授業内容等に変更が必要となる場合もある。
事前学修・事後学修,授業計画コメント その都度教材を与える。
授業計画
1ガイダンス
2講義 音読する『万葉集』 教材のねらいについて
3受講生の報告
4講義 音読する『万葉集』 教材をどう扱うか
5受講生の報告
6講義 音読する『万葉集』 現在の研究水準を知る
7受講生の報告
8講義 東アジアの中の『万葉集』 教材のねらいについて
9受講生の報告
10講義 東アジアの中の『万葉集』 教材をどう扱うか
11受講生の報告
12講義 東アジアの中の『万葉集』 正倉院の御物と『万葉集』
13受講生の報告
14講義 東アジアの中の『万葉集』 半島系渡来氏族の活躍について
15受講生の報告
その他
教科書 「国語総合」と「古典B」の教科書は、研究室にあるものを使用する。
参考書 梶川信行 『おかしいぞ!国語教科書』 笠間書院 2016年
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、レポート(50%)
オフィスアワー 月・木・(金)

このページのトップ