文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 国文学専攻 > 上代文学特殊研究1
日本大学ロゴ

上代文学特殊研究1

このページを印刷する

科目名 上代文学特殊研究1
教員名 遠山 美都男
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 国文学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 『日本書紀』の講読と研究
授業のねらい・到達目標 『日本書紀』全30巻は養老4年(720)に成った我が国最初の本格的な史書である。
その叙述を貫く意図と構想を明らかにするために、
今期は天智天皇紀から天武天皇紀上まで、白村江の戦いに始まり壬申の乱に至る激動の時代の記述を読み込みたい。
授業の方法 受講生諸君と毎回少しずつ壬申紀を読みすすめ、研究上の問題点を指摘・解説し、
質疑応答の中で調査・検討すべき課題があれば、そのつど当番を決めて発表に取り組んでもらう。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業時に通知する。
授業計画
1ガイダンス(参考文献の紹介、調査・研究の方法など)
2天智天皇紀(1)百済救援の失敗
3天智天皇紀(2)戦後処理
4天智天皇紀(3)近江に遷都
5天智天皇紀(4)后妃と子女
6天智天皇紀(5)内乱の予兆
7天武天皇紀上(1)大津退去
8天武天皇紀上(2)東国への道
9天武天皇紀上(3)天神を遙拝
10天武天皇紀上(4)大友皇子、動かず
11天武天皇紀上(5)倭京を奇襲せよ!
12天武天皇紀上(6)瀬田の決戦
13天武天皇紀上(7)大友吹負の奮闘
14天武天皇紀上(8)戦犯は誰だ?
15まとめ
その他
教科書 坂本太郎・家永三郎・井上光貞・大野晋[校注] 『日本書紀(五)』 岩波書店 1995年
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業参画度(50%)
出欠状況や授業中の発言・発表、取り組み方などにより総合的に判断する
オフィスアワー 授業終了後

このページのトップ