文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 中国学専攻 > 中国文学特殊研究5
日本大学ロゴ

中国文学特殊研究5

このページを印刷する

科目名 中国文学特殊研究5
科目名 中国文学特殊研究5
教員名 神谷 まり子
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 中国近現代文学研究
授業のねらい・到達目標 中国の清末から民国期にかけての文学、または研究論文を読み、同分野における理解を深めると同時に、中国語で書かれた作品・研究論文への読解力を養う
授業の方法 演習形式(履修者による輪読)
事前学修・事後学修,授業計画コメント 必ずテキストを事前に読み、疑問点をまとめておくこと。
授業計画
1ガイダンス(1)
テキストの紹介
2ガイダンス(2)担当個所の決定
【準備】事前にテキストにざっと目を通しておくこと
3テキストの輪読(1)背景について
【準備】担当個所を読んでおくこと
4テキストの輪読(2)作家について
【準備】担当個所を読んでおくこと
5テキストの輪読(3)文学史における評価
【準備】担当個所を読んでおくこと
6テキストの輪読(4)同ジャンルの概観
【準備】担当個所を読んでおくこと
7テキストの輪読(5)作品内容
【準備】担当個所を読んでおくこと
8テキストの輪読(6)人物形象
【準備】担当個所を読んでおくこと
9テキストの輪読(7)人物形象を読み込む
【準備】担当個所を読んでおくこと
10テキストの輪読(8)作品を読み解く
【準備】担当個所を読んでおくこと
11テキストの輪読(9)論考についてのディスカッション
【準備】担当個所を読んでおくこと
12テキストの輪読(10)参考文献の紹介
【準備】担当個所を読んでおくこと
13テキストの輪読(11)感想の共有
【準備】担当個所を読んでおくこと
14テキストの輪読(12)作品に対する評価
【準備】担当個所を読んでおくこと
15授業のまとめ
その他
教科書 テキストは初回授業にて決定・紹介する
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 月・火の昼休み(研究室)

このページのトップ