文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 英文学専攻 > 英語学特殊講義4
日本大学ロゴ

英語学特殊講義4

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
英語学特殊講義4
科目名
平成27年度以前入学者
英語学特殊講義4
教員名 吉冨 朝子
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 英文学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 第二言語習得理論に立脚した英語教育法・コミュニケーション能力育成のための外国語指導
授業のねらい・到達目標 第二言語習得理論を踏まえた英語教育学とは何か、その理論および実践について学習する。コミュニケーションに使えるような英語発信能力を育成する統合的・総合的指導とはどういうものかを学び、指導現場で応用できる力を養う。とりわけスピーキング技能の指導法について焦点を当てる。
授業の方法 テキストの担当箇所を決めて、学生がその内容を発表していく演習形式をとる。テキストの内容の発表に基づき、受講生全員でディスカッションを行う。また、テキストで学んだことや議論したこと等を踏まえて、指導現場で利用可能な活動やレッスン・プランを作成する。
履修条件 CEFR B1レベル以上の英文読解能力があること
英語教育について積極的な関心があること
前期のみの受講・可
事前学修・事後学修,授業計画コメント 自分が発表担当であるかどうかにかかわらず、毎回テキストの予習をしてくること。また、テキストで学んだことを踏まえるとどのような指導が効果的か、具体的な活動やレッスン・プランを作成する課題に積極的に取り組むこと。
授業計画
11. Principles of teaching speaking to intermediate learners
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
22. Tasks and materials
事前学習:テキスト該当l箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
33. Teaching pronunciation
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
44. Speaking in the intermediate classroom
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
55. Assessing intermediate learners
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
66. Speaking for advanced level learners: Introduction
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
77. Syllabus and design issues
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
88. Principles for teaching speaking to advanced learners
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
99. Tasks and materials
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
1010. Teaching pronunuciation
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
1111. Speaking in the classroom
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
1212. Assessing advanced learners
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
1313. Key issues in teaching speaking: Introduction
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
1414. First language use and learning styles
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
1515. Oral errors, multi-level speaking classes, and technology
事前学習:テキスト該当箇所を読んで要点をまとめてくること
事後学習:学んだことを踏まえた言語活動を作成してみること
その他
教科書 Bailey, Kathleen, M., Practical English Language Teaching: Speaking, McGraw Hill, 2005
ISBN 0-07-310310-1
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、レポート(30%)、授業参画度(20%)
平常点には、授業内口頭発表(テキスト発表担当箇所の内容のまとめ)の評価や、テキストから学んだ内容を踏まえて作成した言語活動案の評価が含まれる。
授業参画度には、ディスカッション(テキストの内容に基づき、授業で取り上げられた論点、および言語活動案作成過程におけるさまざまな議論)への積極的参加が含まれる。
オフィスアワー 授業終了後、またはe-mailでアポをとること。連絡先については授業で伝える。

このページのトップ