文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 英文学専攻 > 英語学特殊講義8
日本大学ロゴ

英語学特殊講義8

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
英語学特殊講義8
科目名
平成27年度以前入学者
英語学特殊講義8
教員名 吉良 文孝
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 英文学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 英語未来表現と法助動詞
授業のねらい・到達目標 前学期に同じ。
授業の方法 前学期に同じ。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前学期に同じ。
授業計画
1ガイダンス。
発表者の割り当て。
2Some means of expressing future time(その1): Will/shall + infinitive/Be going to + infinitive(§4.42, §4.43)[WillBe going to
3Some means of expressing future time(その2): Present Progressive/Simple Present(§4.44, §4.45.)[現在進行形と単純現在時制]
4Some means of expressing future time(その3): Will/shall + progressive infinitive(§4.46.)
Will be -ing
5Future time in the past:(§4.47, §4.48.)[過去から見た未来]
6Meanings of the modal verbs(その1):Can/could(§4.52.)
7Meanings of the modal verbs(その2):May/might(§4.53.)
8Meanings of the modal verbs(その3):Must>(§4.54.)
9Meanings of the modal verbs(その4):Need, have (got) to(§4.55.)
10Meanings of the modal verbs(その5):Ought to and should(§4.56.)
11Meanings of the modal verbs(その6):Will/would(§4.57.)
12Meanings of the modal verbs(その7):Shall(§4.58.)
13Tentativeness or politeness:(§4.63.)
14自修日。
15The modals with the perfective and progressive aspects:(§4.65.)
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 前学期に同じ。

このページのトップ