文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 英文学専攻 > 英語学特殊研究4
日本大学ロゴ

英語学特殊研究4

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
英語学特殊研究4
科目名
平成27年度以前入学者
英語学特殊講義4
教員名 塚本 聡
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 英文学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ コーパス言語学の実践
授業のねらい・到達目標 前期開講の英語学演習1の内容に基づき、モデルケースを参考にしながら、言語研究におけるコーパス使用の必要性・技能を培うことを目標とする。特に、数量を扱うコーパス言語学では統計処理は必須の学習内筒となっており、その統計処理に有益なソフトウエアRを活用する。
授業の方法 英語学演習1の内容に基づき、発展的内容として、実際の検索事例や研究、考察などを行いながら、コーパスを言語研究に活用する。各自テーマを設定し、プレゼンテーションを行う。これらの作業を通し、計量的、客観的なデータの処理方法について扱う。
また、コーパスを用いた研究論文を輪読し、データの検索やその意義について、検討する。
プレゼンテーションの際には、各自各種文献から適切なテーマを選択するために、事前に言語理論の理解や文献研究が必要となる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント PCの操作や、数値データの処理に慣れておく必要がある。また、各自が独自にデータを収集することに習熟することも必須となる。
授業計画
1導入
基礎的技能の確認
2単語リスト作成
コンコーダンスラインの読み、解釈
3統計処理の方法(1)
χ2乗検定
4統計処理の方法(2)
χ2乗検定
5統計処理の方法(3)
平均・最頻値
6データ整理・管理
Excelの利用、関数の活用
7統計ソフトR (1)
基本操作
8統計ソフトR (2)
χ2乗検定
9統計ソフトR (3)
多変量解析
10プレゼンテーション(1)
11プレゼンテーション(2)
12プレゼンテーション(3)
13授業まとめ
14レポート作成
15補足・確認
その他
教科書 齊藤 俊雄 他 『英語コーパス言語学 基礎と実践』 研究社 2005年
石川 慎一郎、前田 忠彦、山崎 誠(編) 『言語研究のための統計入門』 くろしお出版 2010年 第1版
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(30%)、授業参画度(20%)、プレゼンテーション(30%)
オフィスアワー 研究室において、月曜・火曜 12:20~13:00およびアポイントメントによる。

このページのトップ