文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > ドイツ文学専攻 > ドイツ文学講義1
日本大学ロゴ

ドイツ文学講義1

このページを印刷する

科目名 ドイツ文学講義1
教員名 初見 基
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ ドイツ文学のなかの一定局面に光を当てる。
授業のねらい・到達目標 受講者の研究の補助となる事柄を扱い,受講者の研究に反映させる。
授業の方法 一定テクストを用いて,それを検討する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント テクストは事前に準備をしておく。
自らの研究課題を明確にし,それを授業時にも持ち込む。
授業計画
1ガイダンス
2テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
3テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
4テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
5テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
6テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
7テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
8テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
9テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
10テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
11テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
12テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
13テクストの検討と質疑 事前準備をよくして,また難解だった箇所はあらためてよく復習する。
14確認
15まとめ
その他
教科書 特定教科書は使用しない。必要文献はコピーを準備する。
参考書 特定参考書は使用しない。必要文献はコピーを準備する。
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(60%)、授業参画度(20%)
基本的には,参加者それぞれ研究課題の進捗を問題とする。
オフィスアワー 水曜日・木曜日の12:30-12:50。その他適宜。
あらかじめ直接問い合わせておくこと。

このページのトップ