文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > ドイツ文学専攻 > ドイツ語学演習2
日本大学ロゴ

ドイツ語学演習2

このページを印刷する

科目名 ドイツ語学演習2
教員名 保阪 靖人
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 ドイツ文学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 具体的なテキストを読みながら、ドイツ語の文法の理論的理解を深める。
授業のねらい・到達目標 文法を理論的に捉えることによってドイツ語を読み進めることができる。
授業の方法 具体的なテキストを読みながら、文法の解説を行う。
履修条件 専攻の履修規定による。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前もってプリントを配布したり、内容をBlackboardで知らせるので、必ず予習・参照しておくこと。
授業計画
1ガイダンス
2テキスト1:情報構造について:主題とは
3テキスト1:情報構造について:題述とは
4テキスト2:情報構造について:中立的叙実についての日本語とドイツ語の比較
5テキスト2:情報構造について:exhaustive listing について
6テキスト3:ドイツ語の代名詞の語順:伝統文法の分析(Erbenなど)
7テキスト3:ドイツ語の代名詞の語順:生成文法の見方
8テキスト4:ドイツ語の代名詞の語順:最適性理論による分析
9テキスト4:非対格構文について:生成文法の観点
10テキスト5:非能格動詞について:生成文法の観点
11テキスト5:非対格化について:ドイツ語において観察できる事実
12テキスト6:非対格化について:日本語から見た非対格化
13テキスト6:非対格動詞と非能格動詞:ロマンス系言語の言語事実
14テキスト7:非対格動詞と非能格動詞:ロマンス系言語とドイツ語との違い
15まとめ
その他
教科書 野村泰幸他 『現代ドイツ言語学入門』 大修館書店 2005年 第2版
使用しない
成績評価の方法及び基準 試験(30%)、平常点(40%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 授業終了後

このページのトップ