文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > ドイツ文学専攻 > ドイツ語教授法講義1
日本大学ロゴ

ドイツ語教授法講義1

このページを印刷する

科目名 ドイツ語教授法講義1
教員名 米井 巌
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ ドイツ語教育について共通の理論的基盤を獲得することを目指します。
授業のねらい・到達目標 独力でシラバスを編成し、授業プランを立てて実践できるためのトレーニング、および外国語教育を含むカリキュラム全般について科学的根拠に基づいた責任ある発言ができるための基礎を養成することを目指します。
授業の方法 参加者が学部段階で教職課程を履修しているか否かにより多少異なりますが、基本的には、現在日本におけるドイツ語が置かれている状況を制度面や教授法の変遷から概観した上で、異文化理解と発見的学習をキーワードとして大規模クラス授業を含めた授業・講義環境におけるテーマ建て、教材選択、タスクを用いた授業等について検討し、その上で参加者による教案作成とミニ授業を行う予定です。
履修条件 大学院博士前期課程の学生
事前学修・事後学修,授業計画コメント (外国語)教授法は、単に「教え方のノウ・ハウ」を扱うものではなく、、言語の習得というものがどのような過程を通して行われるのか、その過程で脳はどのような作業、処理を行うのか、あるいは教場におけるグループ・ダイナミクスが学習にどのような影響を持つのか、様々な「教授法」と呼ばれるものがどのような理念に立ち、どのような場合に効果的であるのかといった、周辺分野を取り込む学問領域です。従って、言語学習に関して参考となるような書籍を幅広く読むことを勧めます。
授業計画
1ガイダンス:授業方法、参考図書等
2教授法の変遷について:概観-1
3教授法の変遷について:概観-2
4教授法の変遷について:概観-3
5教授法の比較:学習目標と方法論-1
6教授法の比較:学習目標と方法論-2
7教授法の比較:学習目標と方法論-3
8日本のドイツ語教育:歴史と問題点-1
9日本のドイツ語教育:歴史と問題点-2
10Kommunikativer Ansatzの実際
11Interkultureller Ansatzの実際
12発見学習の実際
13テスト
14課題学習
15テスト解説とまとめ
その他
教科書 吉島茂・境一三 『ドイツ語教授法 - 科学的基盤作りと実践に向けての課題』 三修社 2003年 第1版
成績評価の方法及び基準 レポート(30%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 随時(原則要アポイントメント)

このページのトップ