文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > ドイツ文学専攻 > ドイツ語学研究1
日本大学ロゴ

ドイツ語学研究1

このページを印刷する

科目名 ドイツ語学研究1
教員名 安達 信明
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 今後の研究の基礎作り。1年生には、今後2年間の研究への手引きを、2年生なら修士論文へ向けての指導を行う予定。テーマは受講者のテーマにオンデマンドで対応して行く予定。他学科からの受講生については、希望を確認した上で個別に対応する予定。
授業のねらい・到達目標 学部ないし前期課程1年生での経験や研究の進捗状況を確認した上で、今後の研究をサポートして行く。修士論文を執筆する前の段階での研究計画作成ができるようにしたい。
授業の方法 シラバス執筆時点では、前期課程への進学者がおらず、他学科の院生及びドイツ文学科学部生についても履修者がいるかどうかも不明なので、希望者と面談の上で話し合って決めて行く予定。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 大学院は研究者の入り口であり、自分で計画を立てて研究を遂行して行く必要がある。そのためにも早い段階で年次計画の作成を促したい。
授業計画
1「授業の方法」の項目で書いた通り、現段階ではどういう研究テーマを持つ受講者が履修するのか不明なため未定。履修者と相談の上、各個人の希望に応じた形で必要な指導を行い、授業を進めて行く予定。
2同上
3同上
4同上
5同上
6同上
7同上
8同上
9同上
10同上
11同上
12同上
13授業内試験
14課題学習
15解説と指導
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(20%)、授業内テスト(30%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 随時応相談

このページのトップ