文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 社会学専攻 > 社会学実証応用演習3
日本大学ロゴ

社会学実証応用演習3

このページを印刷する

科目名 社会学実証応用演習3
教員名 菅野 剛
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 社会科学での多変量解析に関する演習
授業のねらい・到達目標 社会調査協会の「専門社会調査士」資格取得のための標準カリキュラムで、必修科目と位置づけられている 「I 多変量解析に関する演習(実習)科目」に相当する科目である。多変量解析の手法を学びながら、SSM調査報告書、社会学評論等に掲載されている計量的論文の内容を把握しつつ用いられている統計的手法を学ぶ。データ分析は、社会学、社会調査、統計学、プログラミングの上に成り立っている。きちんとしたデータ分析を行う場合は、授業と並行して統計学の学習を各自で行い、各種プログラミング言語を自ら習熟することが必要となる。
授業の方法 適宜、文献の購読、可能な範囲で調査作業の実施やデータ分析を行い、期間全体として授業計画の内容をカバーする。データ分析の分野は急速に変化している。統計学、プログラミングを駆使するデータ分析の世界を垣間見ることで興味を持ってもらい、データに基づいて判断するという方法を知ってもらう。BlackBoardを用い、予習・受講・復習の際の資料閲覧に、PC(Mac/Windows)やタブレット端末を利用する場合がある。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 毎回の積み重ねが大切なので、きちんと復習をすること。授業の難易度については柔軟に調整をする。
授業計画
1記述統計
2平均の差の検定
3分散分析(1)
4分散分析(2)
5重回帰分析(1)
6重回帰分析(2)
7重回帰分析(3)
8パス解析
9主成分分析
10因子分析
11共分散構造分析
12クラスター分析
13重要項目の確認
14課題学習
15総括
その他
教科書 参考書、論文等について適宜指示する。
参考書 Michael J. Crawley 著(野間口謙太郎・菊池泰樹 訳) 『統計学:Rを用いた入門書 改訂第2版』 共立出版 2016年 第2版
佐藤嘉倫・尾嶋史章 『現代の階層社会 第1巻 格差と多様性』 東京大学出版会 2011年
石田浩・近藤博之・中尾啓子 『現代の階層社会 第2巻 階層と移動の構造』 東京大学出版会 2011年
斎藤友里子・三隅一人 『流動化のなかの社会意識』 東京大学出版会 2011年
参考書、論文等について適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(70%)
オフィスアワー 授業終了時。

このページのトップ