文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 社会学専攻 > 社会学応用基礎演習1
日本大学ロゴ

社会学応用基礎演習1

このページを印刷する

科目名 社会学応用基礎演習1
教員名 立道 信吾
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 経営社会学の基礎となる経営学の知識を得るためにビジネスモデルという考え方の基本を学ぶ
授業のねらい・到達目標 現代の企業を社会学の対象として分析する際に、経営学の知識は欠くことができません。中でも90年代以降注目を集めてきたビジネスモデルという考え方の歴史的な発展過程やパターンを学ぶことで、最近の企業の経営行動に対する理解を深めることを目標とします。
授業の方法 受講者は分担して教科書を読み、内容を報告します。
履修条件 特になし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 教科書を分担して読み、受講生が交代で発表を行います。発表者以外も教科書を事前に読んで授業に参加し、積極的に議論に参加できるように準備すること。
授業計画
1自己紹介 授業のねらいの説明と教科書についての説明
2受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
3受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
4受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
5受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
6受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
7受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
8受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
9受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
10受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
11受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
12受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
13受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
14受講生による報告 ビジネスモデル全史を読む
15ビジネスモデル全史のまとめ
その他
教科書 三谷 宏治 『ビジネスモデル全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)』 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014年
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
発表内容とともに授業内の議論で鋭いコメント、意見を述べた場合、成績に反映させます。
オフィスアワー 火曜日4限

このページのトップ