文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 社会学専攻 > 社会学理論応用研究6
日本大学ロゴ

社会学理論応用研究6

このページを印刷する

科目名 社会学理論応用研究6
教員名 好井 裕明
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 多様な社会問題や文化事象をめぐる質的社会学理論と質的調査研究方法の理解と検討、具体的な現実分析への応用をめざして議論を深める。
授業のねらい・到達目標 受講生各自の社会学的な問題関心を具体的な質的調査研究へと移行するうえで、どのように考え、何をすればいいのかについて思索を深めることが本授業の目標です。
授業の方法 受講生各自の問題関心をめぐる報告と全員での議論が中心となります。
事前学修・事後学修,授業計画コメント とくにありませんが、受講生各自がどのような社会問題や文化事象に関心がるのかについて、事前にできるだけ詳細に言葉にしておくことが必須です。
授業計画
1オリエンテーション:社会問題および文化事象の質的研究とは何か
2受講生各自の報告と議論①
3受講生各自の報告と議論②
4受講生各自の報告と議論③
5受講生各自の報告と議論④
6受講生各自の報告と議論⑤
7受講生各自の報告と議論⑥
8受講生各自の報告と議論⑦
9受講生各自の報告と議論⑧
10受講生各自の報告と議論⑨
11受講生各自の報告と議論⑩
12受講生各自の報告と議論⑪
13受講生各自の報告と議論⑫
14受講生各自の報告と議論⑬
15受講生各自の報告と議論⑭
その他
教科書 とくに指定はしません。各自の報告にあわせて、適宜、文献を指示します。
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 毎週水曜日12時15分~45分

このページのトップ