文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 社会学専攻 > 社会学応用特別演習3
日本大学ロゴ

社会学応用特別演習3

このページを印刷する

科目名 社会学応用特別演習3
教員名 中村 英代
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 社会問題論、社会病理学の理論を学ぶ
授業のねらい・到達目標 ・社会問題論、社会病理学の理論を学ぶ。
・学位論文の作成に向けて、各自の研究を進展させる。
授業の方法 ゼミ形式(個人報告および文献購読)
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習:自分自身の問題関心、研究を通じて問いたい問いを明確にしておく。
事後学習:学習したことを、自分自身の研究テーマと関連づける。
授業計画
1前期ガイダンス:報告スケジュールの決定
2個人報告(および文献購読)
3個人報告(および文献購読)
4個人報告(および文献購読)
5個人報告(および文献購読)
6個人報告(および文献購読)
7個人報告(および文献購読)
8個人報告(および文献購読)
9個人報告(および文献購読)
10個人報告(および文献購読)
11個人報告(および文献購読)
12個人報告(および文献購読)
13個人報告(および文献購読)
14個人報告(および文献購読)
15まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 授業参画度(100%)
オフィスアワー 木曜日のお昼休み
備考 履修に際して、担当教員の個人ウェブサイトも参照して下さい。研究テーマや近年の論文・書作がわかります。
http://www.hideyonakamura.com

このページのトップ