文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 社会学専攻 > 社会学理論基礎研究5
日本大学ロゴ

社会学理論基礎研究5

このページを印刷する

科目名 社会学理論基礎研究5
教員名 山本 質素
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 文化人類学の視点・方法の整理と習得
授業のねらい・到達目標 文化人類学の視点・方法・理論を習得し、現代社会の出来事の文化的背景を考察する力を身につける。
授業の方法 講義および演習。演習は文献読解にもとづいたレポート報告を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習:文献読解レポートについては、該当部分を整理し、課題・疑問点・問題点を明確にする。発表者は整理した過程をレジュメとしてまとめる。
授業計画
1講義 文化人類学の視点・方法・理論
2講義 文化の多様性について
3講義 自民族中心主義と相対主義的文化観
4講義 環境と文化、技術と文化
5文献読解レポート報告1(文化人類学の視点・方法・理論について)
6文献読解レポート報告2(文化の多様性について)
7文献読解レポート報告3(文化人類学と現代社会の環境・技術について)
8中間総括と討議
9講義 文化人類学と現代社会(グローバル化と日常生活)
10講義 文化人類学と現代社会(宗教と習俗)
11講義 文化人類学と現代社会
12文献読解レポート報告4(グローバル化と日常生活について)
13文献読解レポート報告5(宗教と習俗について)
14文献読解レポート報告6(文化人類学と現代社会)
15総括と討議
その他
教科書 綾部恒雄編 『『文化人類学20の理論』』 弘文堂 2006年 第1版
参考書 授業の進展に応じて紹介する
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
授業参画度はレポート発表に対する質疑・応答を含む。
オフィスアワー 水曜日 12:20~13:00

このページのトップ