文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 社会学専攻 > 社会学理論基礎演習5
日本大学ロゴ

社会学理論基礎演習5

このページを印刷する

科目名 社会学理論基礎演習5
教員名 山本 質素
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 文化人類学の理論と現代社会の文化的背景
授業のねらい・到達目標 文化人類学の理論を整理・理解し、現代社会の出来事の文化的背景を考察するための視点・方法を深化させる
授業の方法 演習形式
事前学修・事後学修,授業計画コメント 現代社会の出来事のうち、異文化との接触によって生起した対立・摩擦・軋轢等の要因を解明し、解決する力を身につける。
事前学習:社会の出来事に対して、鋭敏な感覚をもって社会的な課題としてとらえ、理解するための視点・方法を確認し、考察する。
事後学習:課題をとらえる視点・方法・考察の過程を整理する。
授業計画
1講義 文化の多様性と価値観(質疑応答を含む)
2講義 文化の普遍性と個別性(質疑応答を含む)
3講義 多様な価値観の接触(質疑応答を含む)
4第4回~第13回:演習発表(多様な価値観の接触と対立)、第14回:課題学習、第15回:まとめと講評
その他
教科書 綾部恒雄編 『『文化人類学20の理論』』 弘文堂 2006年
参考書 授業の進展に応じて紹介する
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 水曜日 12:20~13:00

このページのトップ