文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > スポーツ心理学特論2
日本大学ロゴ

スポーツ心理学特論2

このページを印刷する

科目名 スポーツ心理学特論2
教員名 水落 文夫
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 運動・スポーツ心理の実験的研究法を知る
授業のねらい・到達目標 健康や競技のために行われる運動やスポーツに関わる心理学研究の課題と方法を理解する。そのため,これまでに提唱されてきたスポーツ心理学関連の理論やモデルの中から主要なものを選択し,その理論・モデルの構築に至るプロセスを追試実験することで,スポーツ心理学の実験研究の手法と基本的なスキルを身につける。
授業の方法 受講者の運動・スポーツに対する心理的な問題・関心を出発点とし,課題となるスポーツ心理学の研究領域を特定して代表的な理論・モデルを選択する。そして,関連情報を収集・整理するとともに,理論・モデル構築までのプロセスを追試実験して,実際の測定データの処理および評価・推論の過程を経験する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業終了時に与える課題について,調査およびデータ処理をしてまとめておくこと。
授業計画
1ガイダンス
2スポーツ心理学研究の科学的枠組み
スポーツ心理学におけるデータと理論
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認しておく。
3運動・スポーツに関わる心理的課題と研究領域
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,指示した部分を読んでおく。
4リサーチ・クエスチョンと仮説の設定
文献収集とレビュー
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,予めリサーチ・クエスチョンを考えておく。
5追試するスポーツ心理学の主要理論・モデル
実験的方法と非実験的方法
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,指示した部分を読んでおく。
6英文文献の翻訳
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,指示した部分を読んでおく。
7英文文献の翻訳
[準備]指示された文献を翻訳しておく。
8実験研究のデザイン
3つの変数(独立変数,従属変数,剰余変数)
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,指示した部分を読んでおく。
9実験研究のデザイン
実験法とサンプリング
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,指示した部分を読んでおく。
10実験研究のデザイン
実験のバイアスと統制
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,指示した部分を読んでおく。
11実験研究のデザイン
尺度とその信頼性・妥当性
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,指示した部分を読んでおく。
12追試測定の準備,データ収集
データ解析,統計処理
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,利用するソフトの操作に慣れておく。
13データ解析,統計処理
追試検証結果の整理と考察
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認し,利用するソフトの操作に慣れておく。
14課題学習
[準備]前回の授業で配布した資料の内容を確認しておく。
15まとめ
その他
教科書 資料プリントを配布する。
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(50%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 体育学科第一実験室,土曜日12:00~14:00

このページのトップ