文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > 体育学演習1
日本大学ロゴ

体育学演習1

このページを印刷する

科目名 体育学演習1
教員名 野口 智博
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 体育学の専門領域を考慮した研究の進め方
授業のねらい・到達目標 体育学は生理学、心理学、運動学等、幅広い専門領域が存在する。したがってそれぞれの領域によってアプローチの仕方が異なる。種々の学会に積極的に参加し、研究成果をあげたり研究情報を自らに取り込むためには、体育学という応用科学の視点に立ち、様々な種類の研究内容を吟味できるようにする必要がある。
この演習では、体育学という広い視野に立って、様々なスタイルの研究内容を理解でき、指導できる能力を身につけることをねらいとしている。
授業の方法 様々な種類の研究論文を輪読し、ある研究課題に対して研究方法を構築する。
2年生は修士論文の中間発表、1年生は参加する学会を選択し、そこで研究発表することと、それらの学会で得た情報を共有する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前・事後にディスカション課題に関係する文献や資料を収集する。
授業計画
1ガイダンス
2研究スタイルの比較1
3研究スタイルの比較2
4研究スタイルの比較3
5研究テーマづくりと研究方法の立案1
6研究テーマづくりと研究方法の立案2
7研究テーマづくりと研究方法の立案3
8研究テーマづくりと研究方法の立案4
9研究テーマづくりと研究方法の立案5
10研究テーマづくりと研究方法の立案6
11研究のシミュレーション1(プレゼンテーション)
12研究のシミュレーション2(プレゼンテーション)
13研究のシミュレーション3(プレゼンテーション)
14研究のシミュレーション4(プレゼンテーション)
15まとめとリフレクション
その他
教科書 なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(30%)、授業参画度(30%)、発表内容、ディスカッションへの参加、学会発表などを総合的に評価(10%)
修士1年については研究計画が適切にできたか、修士2年については修士論文の方法論が適切かについて評価、学会発表、学会機関誌への投稿も評価、授業における積極的な発言も評価の対象となる。
オフィスアワー 毎週金曜日昼休み、体育学科第5実験室

このページのトップ