文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > スポーツコーチング特論2
日本大学ロゴ

スポーツコーチング特論2

このページを印刷する

科目名 スポーツコーチング特論2
教員名 大嶽 真人
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ コーチングの理論と方法を深め、理想のコーチになるための基礎を養う。
授業のねらい・到達目標 指導者は選手の競技力を向上させ、成果を上げさせることにある。そのために、指導者自身が選手の能力を引き出す能力を獲得し、選手を育成するコーチング能力、コミュニケーション能力を身につける。また、スポーツ界やスポーツ指導に共通する課題や問題について議論を重ね、指導者として必要な知識を身につける。
授業の方法 コーチングに関する事例、コーチングスキルに関する情報を収集を行い、ディスカッションを重ねながら「信頼させれるコーチ」「導き出すコーチ」「結果を出すコーチ」などに「理想のコーチ」について議論をする。また、パワーポイント、配布資料などを作成してプレゼンテーションを行う。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回の授業内容を必ず復習しておくこと。
授業計画
1ガイダンス
[準備]特になし
2コーチングの問題と課題
[準備]ガイダンス内容を理解しておくこと
3プレゼンテーション:コーチングの問題と課題
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
4指導者のリーダーシップ(1):指導者の資質
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
5指導者のリーダーシップ(2):コミュニケーションスキル
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
6指導者のリーダーシップ(3):トップコーチング
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
7プレゼンテーション:指導者のリーダーシップ
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
8コーチング(1):目標に導く
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
9コーチング(2):競技力向上
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
10プレゼンテーション:コーチング
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
11コーチング(3):トレーニング
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
12コーチング(4):ゲーム分析
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
13コーチング(5)ミーティングとスカウティング
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
14プレゼンテーション:チームビルディング
[準備]前回の授業内容を確認し、準備をしておくこと
15総括
[準備]前回の授業内容を確認しておくこと
その他
教科書 なし
参考書 授業中に指示する
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(30%)、プレゼンテーション(40%)
オフィスアワー 2406:月曜・火曜・木曜の8:30-9:00、12:20-13:00

このページのトップ