文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > スポーツリハビリテーション特論1
日本大学ロゴ

スポーツリハビリテーション特論1

このページを印刷する

科目名 スポーツリハビリテーション特論1
教員名 小山 貴之
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ スポーツリハビリテーションの基礎と応用
授業のねらい・到達目標 スポーツ外傷・障害とそのリハビリテーションについて理解し、治療の適応や禁忌が判断できるようになる。スポーツリハビリテーションに関する学術論文から科学的知見を得ることができる。
授業の方法 アスレティック・リハビリテーションで用いる各種治療法と、部位別の主要なスポーツ外傷・障害およびリハビリテーション計画について講義を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業開始前に運動学・生理学・解剖学の基礎知識について復習すること。特に各関節における主要なスポーツ外傷・障害について事前に学習しておくと、そのリハビリテーションについての理解が深まる。
授業計画
1オリエンテーション
2アスレティック・リハビリテーション総論
【準備】リハビリテーションの概念について調べておくこと。
3アス・リハにおける運動療法
【準備】筋力・関節可動域・パワー・平衡性・協調性について調べておくこと。
4アス・リハにおける物理療法
【準備】温熱療法・寒冷療法・超音波療法・レーザー療法について調べておくこと。
5アス・リハにおける装具療法
【準備】ブレースとテーピングについて調べておくこと。
6肩関節・肘関節のスポーツ外傷・障害とリハビリテーション
【準備】代表的な疾患について調べておくこと。
7頸部のスポーツ外傷・障害とリハビリテーション
【準備】代表的な疾患について調べておくこと。
8腰部のスポーツ外傷・障害とリハビリテーション
【準備】代表的な疾患について調べておくこと。
9膝関節のスポーツ外傷・障害とリハビリテーション
【準備】代表的な疾患について調べておくこと。
10下腿と足のスポーツ外傷・障害とリハビリテーション
【準備】代表的な疾患について調べておくこと。
11学術論文抄読1:上肢のスポーツ外傷・障害
【準備】各自学術論文を入手し要約を作成しておくこと。
12学術論文抄読2:下肢のスポーツ外傷・障害
【準備】各自学術論文を入手し要約を作成しておくこと。
13学術論文抄読3:体幹のスポーツ外傷・障害
【準備】各自学術論文を入手し要約を作成しておくこと。
14課題学習
15まとめ
その他
教科書 小山貴之 『アスレティックケア—リハビリテーションとコンディショニング—』 ナップ社 2015年 第1版
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(30%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 月・水・木 昼休み

このページのトップ