文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > 日本教育史特論3
日本大学ロゴ

日本教育史特論3

このページを印刷する

科目名 日本教育史特論3
教員名 小野 雅章
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 近代日本教育史の研究動向と史料――中・高等教育を中心に
授業のねらい・到達目標 教育史は、教育学研究の基礎的部分を担うことが期待されている。その一方で、歴史学の手法をきちんと整えた実証性も強く要求されている。こうした点を踏まえ、教育史(日本教育史)研究は、これまでのどのような歩みをして今日に至っているのかについて、主として日本近代教育史の分野を中心に扱い、教育学研究の意味を考えることを狙いとする。本授業では、中等教育・高等教育の分野を中心に、史料の状況と研究の到達点について論じてみたいと思う。
授業の方法 講義と史料の輪読、討議などを交えた授業としたい。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業の1週間前に、授業用のレジュメを配布するので、授業までにその内容をあらかじめ理解しておくようにしてほしい。輪読すべき資料も同様とする。
授業計画
1ガイダンス 参考文献等
2教育史研究と教育学――教育学の基礎研究としての教育史
3教育史研究と史料1――国立国会図書館憲政資料室・国立教育政策研究所附属図書館
4教育史研究と史料2――大学アーカイブの活動と史料
5教育史研究と史料3――都道府県立公文書館・図書館および学校所蔵史料
6高等教育史研究の現状と課題1――大学史研究の現状と課題
7高等教育史研究の現状と課題2――旧制高等学校・専門学校研究の現状と課題
8高等教育史研究の現状と課題3――私立高等教育機関に関する研究の現状と課題
9中等教育史研究の現状と課題1――旧制中学校史研究の現状と課題
10中等教育史研究の現状と課題2――高等女学校史研究の現状と課題
11中等教育史研究の現状と課題3――実業学校史研究の現状と課題
12高等教育史研究の新たな視点
13中等教育史研究の新たな視点
14まとめ1――授業のまとめ
15まとめ2――今後の課題
その他
教科書 使用しない。授業用の資料を用意する。
参考書 授業中に適宜紹介する。
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 火曜日3時限

このページのトップ