文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 臨床心理実習 (学内)
日本大学ロゴ

臨床心理実習 (学内)

このページを印刷する

科目名 臨床心理実習 (学内)
教員名 津川 律子
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 通年 履修区分 選択必修
授業テーマ 心理臨床の現場理解、心理アセスメント及びトリートメント力の向上
授業のねらい・到達目標 本授業は集団指導体制をとる。構成等は授業方法に記入したとおりである。基本的には「臨床心理実習(学外)」「心理臨床実践1~10(心理臨床センターでの実習)」とこの授業との3部で構成され,「臨床心理実習(学外)」「心理臨床実践1~10(心理臨床センターでの実習)」という2つの実習を中心として,実際の臨床ケース等について複数の教員による集団スーパービジョンを行なうのが本授業である。
授業の方法 本授業は「臨床心理実習(学外)」と「心理臨床実践1~10(心理臨床センターでの実習)」で受講生が体験したケースを中心にその事例発表を行なう。検討するケースは原則として前述の2つの実習で受講生自身が体験したものを中心に,他の臨床現場で体験したケースも可とする。本授業においては積極的に事例提出を行い,討議にも積極的に参加することが要求される。何よりも現実の事例に則した発想や対応ができるように学習する。なお,個別のスーパービジョンを受けている心理臨床センターのケースは必ず本授業でも最低1回は提出すること。
履修条件 臨床心理学コース(修士2年以上)の学生に限定する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 初回を除く、すべての回を事例発表とし,原則として90分で1回の発表を行なう 。オリエンテーションにおいて発表のやり方等を詳しく伝える。なお、事例提示に際しては、検討課題を明確にして提出すること。漫然と提出するのは最もよくない。その際,なぜ自分が「いま」このケースを出そうとしているのかに関して,事前に内省し,意識化し,言語化することが肝要である。
その他
教科書 なし
参考書 授業中に,必要に応じて随時紹介する。
成績評価の方法及び基準 平常点を含めて総合的に評価する(100%)
担当する2名の専任教員が合議のもとで成績を評価する。
オフィスアワー 場所は各教員の研究室とし,事前に予約をとれば,随時相談に応じる。なお,臨床現場で緊急の相談事由が発生したときはこの限りではない。
備考 「臨床心理実習(学外)」と合わせて2単位となる。

このページのトップ