文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 応用心理学特別研究
日本大学ロゴ

応用心理学特別研究

このページを印刷する

科目名 応用心理学特別研究
教員名 坂本 真士
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 社会心理学の応用研究を学ぶ
授業のねらい・到達目標 社会心理学は、心理学の中でもとりわけ現実社会への応用と深く関わっている。本授業では、社会心理学の応用研究を具体的に取り上げて、研究の方法論、基礎と応用・実践との関連、研究の着想などについて学ぶ。心理学の基礎と応用との関連について、各自で考え、自分なりの考えをもってほしい。学問の社会的貢献が重要視されるようになっており、各自の研究を社会にどのように還元させるかについても、自分の考えをもてるようになってほしい。
授業の方法 論文の輪読とディスカッションによって行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 輪読論文は事前に読み、必要な事柄を調べて予習すること。意見を授業内で発表できるように準備しておくこと。
授業計画
1ガイダンス
2論文の輪読とディスカッション(1)
3論文の輪読とディスカッション(2)
4論文の輪読とディスカッション(3)
5論文の輪読とディスカッション(4)
6論文の輪読とディスカッション(5)
7論文の輪読とディスカッション(6)
8論文の輪読とディスカッション(7)
9論文の輪読とディスカッション(8)
10論文の輪読とディスカッション(9)
11論文の輪読とディスカッション(10)
12論文の輪読とディスカッション(11)
13論文の輪読とディスカッション(12)
14論文の輪読とディスカッション(13)
15総合まとめ
その他
教科書 なし
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
オフィスアワー 水曜3限、研究室にて

このページのトップ