文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 教育心理学特論
日本大学ロゴ

教育心理学特論

このページを印刷する

科目名 教育心理学特論
教員名 岡 隆
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 教育心理学の研究論文の講読
授業のねらい・到達目標 教育心理学の最新の研究論文の批判的講読を通して,自分自身の研究計画を立て,研究を実施することを目標とする.
授業の方法 演習・実習形式で行う.履修者は,自らが関心を持つ教育心理学の分野の研究論文について発表し,それに基づいて実施する自らの研究について報告し,全員で討論を行う.
事前学修・事後学修,授業計画コメント 受講者の進度に合わせた演習・実習を行う.配布された研究文献を予習すること.また,プレゼンテーション用のレポートを事前に作成すること.復習にさいしては,討論の内容をまとめて報告すること.なお,研究自体,またその分析は,授業時間外に実施することになる.
授業計画
1ガイダンス
2受講者が取り組む問題の検討と共有
受講者は,自分が取り組む問題についてのレポートを作成し,プレゼンテーションを行う.担当教員や他の受講者のコメントを基づいてレポートを改訂する.
3受講者が取り組む問題の検討と共有
受講者は,自分が取り組む問題についてのレポートを作成し,プレゼンテーションを行う.担当教員や他の受講者のコメントを基づいてレポートを改訂する.
4受講者が取り組む問題に関連する文献の講読
受講者は,関連文献のレポートを作成し,プレゼンテーションを行う.担当教員や他の受講者のコメントに基づいてレポートを改訂する.
5受講者が取り組む問題に関連する文献の講読
受講者は,関連文献のレポートを作成し,プレゼンテーションを行う.担当教員や他の受講者のコメントに基づいてレポートを改訂する.
6受講者が実施する研究の計画の検討
受講者は,研究計画のレポートを作成し,プレゼンテーションを行う.担当教員や他の受講者のコメントに基づいてレポートを改訂する.
7受講者が実施する研究の計画の検討
受講者は,研究計画のレポートを作成し,プレゼンテーションを行う.担当教員や他の受講者のコメントに基づいてレポートを改訂する.
8受講者が実施中の研究の検討
受講者は,実施中の研究の経過報告のレポートを作成し.プレゼンテーションを行う.必要に応じて研究計画の変更を行う.
9受講者が実施中の研究の検討
受講者は,実施中の研究の経過報告のレポートを作成し.プレゼンテーションを行う.必要に応じて研究計画の変更を行う.
10受講者が実施中の研究の検討
受講者は,実施中の研究の経過報告のレポートを作成し.プレゼンテーションを行う.必要に応じて研究計画の変更を行う.
11受講者が実施した研究結果の検討
受講者は,研究結果のレポートを作成し.プレゼンテーションを行う.担当教員や他の受講者のコメントに基づいて分析や考察を改訂する.
12成果報告
受講者は,研究の成果報告書を作成し,プレゼンテーションを行う.担当教員や他の受講生のコメントに基づいて成果報告書を改訂する.
13成果報告
受講者は,研究の成果報告書を作成し,プレゼンテーションを行う.担当教員や他の受講生のコメントに基づいて成果報告書を改訂する.
14成果報告書の改訂(課題学習)
受講者は各自,成果報告書の改訂に取り組む.
15最終成果報告
受講者は,最終の成果報告書を作成・提出し,プレゼンテーションを行う.
その他
教科書 なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 授業参画度(50%)、最終成果報告書(50%)
オフィスアワー 水曜日12:30-13:00
岡研究室

このページのトップ